Spectrum Labs, the leader in filtration and laboratory dialysis.
 
Click for information on how to contact us.Click for information about who we are.Click for print formatted product literature.Click to fill out our customer satisfaction survey.Click for information on whic trade shows we will be attending.
ろ過
ディスポバッグ&MBTセット
研究用透析
膜透析
機能的透析
実験器具類
細胞培養関連製品
クロマトグラフィ関係
手術室用消耗部品
OEM・プライベートブランド

We are ISO 9001:2008 certified

膜透析の基礎

透析は、半透膜を通じて平衡に達するまで、小さな溶質を高濃度溶液から低濃度溶液へ拡散させる簡単なプロセスです。

多孔質の膜が選択的により大きな溶質を保持し、より小さな溶質を通すので、透析は、溶質のサイズに基づいた分離プロセスとしても効果的に利用できます。

透析の状態は、いろいろな透析アプリケーションで制御、操作することが可能で、きっと望まれた結果を出すことができるでしょう。

アプリケーションは、どの分画分子量(MWCO)が好ましい分子分離をもたらすかを描きます。

研究用透析の長所

  • 溶質にとても優しい条件
  • 簡単な操作
  • 幅広い試料液量を取り扱い可能
  • 多種の膜タイプ&多種の分画分子量
  • 安価な材料
  • 使い捨て方式の膜および装置

透析アプリケーション

  • 高分子の精製
  • たんぱく質の濃縮
  • 溶質の分画
  • 混入成分の除去
  • pH変更
  • 脱塩
  • バッファー交換
  • 結合特性の研究
  • 電気的溶離

正しい分画分子量(MWCO)の選択


透析膜が交差結合した高分子でできたスポンジのような母材からなっているので、分画分子量(MWCO)として示される細孔径は透過阻止率の間接的な基準になります。

さらに正確に書くと、膜の分画分子量は、少なくとも90%の溶質が保持されるサイズによって決定されます。

しかしながら、溶質の透過性は分子の形状、水和性の度合い、イオンの電荷、極性、にもよるので、保持するべき分子が持つ分子量の半分の大きさの分画分子量、およびまたは、透過させようと思う分子が持つ分子量の2倍の大きさの分画分子量を選択することが推奨されます。

膜選択ガイド
研究用透析FAQs


Application Notes
hi dave
copyright © 1995-2017 Spectrum, Inc. All rights reserved | プライバシーポリシー | よくある質問